Google Safe Browsing

Google Safe Browsing

怪しいサイトにユーザー自身がフラグをつけられるChrome拡張機能

「Google Safe Browsing」は、怪しいサイトにユーザー自身がフラグをつけられるChrome拡張機能です。

この拡張機能をインストールすると、Safe Browsingによって検出されていないサイトに、ユーザー自身がフラグをつけることができるようになる。
レポートを送信する際のオプションとして、スクリーンショットやそのサイトに辿り着くまでのリファラーチェーン、ブラウザのDOMの中身などを含めるかが用意されている。

また、ブラウザでアクセスしたサイトが怪しいかをChrome拡張のフラグ型のアイコンで判別できるようになる。「現在アクセスしているページと、最近アクセスしたページのURLを比較する」ことで似ている偽物のURLへのアクセスに警告を出してくれる。

関連リンク

サービスページへ移動する